30代からのファッション

年齢を重ねてもおしゃれを楽しみたい女性が増えています。でも、若いころとは違い「欲しいもの」は「似合うもの」にはなりにくくなります。それは、体型や髪の毛やお肌の状態などが変化してくることが原因です。

30代以降の女性のファッションで気を付けることは、シルエットは「ピッタリではなく程よいゆとりがあること」です。体のラインがわかってしまうようなぴったりしたラインの洋服を着ると、お腹のたるみや背中のぜい肉などが露出してしまいます。程よくゆとりがあることで中年女性のコンプレックスとなる体型をカバーできます

逆に、「ゆとりがありすぎる」のもデメリットです。「ぽっこりとしたウエストラインがカバーできる」と思いがちですが、ゆとりがありすぎると全体に太って見られます。

ほかにも、「必要以上にわか作りなファッションをしないこと」です。「若く見られたい」という気持ちは女性なら誰しもあるとは思いますが、若い子のファッションをすることで余計に「おばさん」に見られてしまうこともあります。年相応の落ち着いたファッションを心がけるとよいでしょう。

また、一つのアイテムをできるだけ「上質」なものにするのもおすすめ。品質の良いものを着ているとそれだけで見た目の雰囲気も良くなります。安いアイテムをいくつか持つよりも、高いものを一つ持つのが40代以降の女性のファッションにはふさわしいですよね。